パスワード保護の記事はメンテナンス中です

マイカラー制度アップグレード/送金できないと10万円使っても還元率0.5%のLINEPayカード

LINEPayカードの新しいランク分け制度「マイカラー」ですが、2018年7月にアップグレードの内容が発表されました。しかし、その内容は送金できるような相手がいない人(ぼっち=私)にとって、改悪でしかない……!

結論から言うと、例え月10万円使ったとしても、送金相手がいなければランクは「ホワイト」になり、ポイント還元率は0.5%になることが判明したのです。

この記事では、LINEpayカードのマイカラー制度アップグレードが改善なのか?改悪なのか?を検証したいと思います。

関連記事

▼ラインペイカードの最新情報はこちら

【マイカラー】10月から送金回数ゼロでも2%還元のグリーンランクになれる!LINE Payカード改悪の苦情に対応し、改善したのかも?

2018年8月から新しい「マイカラー制度」の内容へ変更

そもそもマイカラー制度についてですが、今までランク分けの基準が漠然としていました。

旧「マイカラー」ランク分けは、訳の分からない基準だった。

▼LINE Money(本人確認(銀行口座連携)後)

バッジカラーインセンティブその他インセンティブ
グリーンLINEポイント2%(100円につき2ポイント)あり(今後予定)
ブルーLINEポイント1%(100円につき1ポイント)
レッドLINEポイント0.5%(100円につき0.5ポイント)
ホワイトLINEポイント0%

<引用元:【LINE Pay】新インセンティブプログラムについてのお知らせ

ちなみにこのランク分けには「〇万円以上使えば、このランク」というはっきりした基準がありませんでした。それもそのはず、訳のわからない「全体の利用状況により」というざっくりとした判定だったのです。

Q: LINE Payでたくさん支払いすれば、グリーン(LINEポイント最大)になれますか?
A: ユーザー全体の利用状況を元に個人のアカウントを判定するため、必ずしも上がるとはいえません。

そのため、全体の利用状況により、各ユーザーの月々の「マイカラー」は変動いたします。

これには利用者からの不満が爆発……(^^;)。

 

新しくアップグレードされた内容は本当に得?

2018年8月1日午前10時からは、新しくアップグレードされた内容に変わります。

ちなみに今回の変更点は以下の通りです。

■変更点(2018年8月1日から)

●利用登録するだけでホワイトバッジ付与(ポイント付与率0.5%)。

●最低ポイント付与率を見直し、各バッジカラーのポイント付与率を変更。(グリーン 2%、ブルー 1%、レッド 0.8%、ホワイト 0.5%)

【引用元:LINE Pay公式ブログ

一見すると、ポイント付与率が上がったような気がしますね。

グリーンとブルーの還元率は変わりません。

レッドは0.5%→0.8%、ホワイトは0%→0.5%に上がります。

私も現時点ではランクがレッドなので、「少しはマシになるのかなぁ?」と思いました。

しかし!これには落とし穴があったのです!!

 

送金できる相手がいないと10万円使っても「ホワイト」ランク

このアップグレードの内容には続きがあります。

●カラー判定基準を、相対的評価⇒絶対評価に変更。
《グリーン》決済金額 : 10万円/月+送金:月間5人以上のユーザーへ送金
《ブルー》決済金額 : 5万円~9万9,999円/月+送金:月間3人以上のユーザーへ送金
《レッド》決済金額 : 1万円~4万9,999円/月+送金:月間1人以上のユーザーへ送金
《ホワイト》決済金額 : 0円~9,999円/月

 

●バッジカラーの判定基準とポイント付与対象に「LINE Pay」に連携したクレジットカードでの決済も追加。

 

●カラー判定期間を、前月末までの1ヶ月分の実績を集計・判定、毎月1日午前10時更新に変更。

 

●ポイント付与対象となる決済金額の上限を100万円/月に引き上げ
【引用元:LINE Pay公式ブログ

はい、赤字の部分に注目~!
上位ランクになるためには、誰かに送金をしなくてはなりません。

グリーン(還元率2%)になるためには、5人以上に送金。ブルー(還元率1%)でも3人以上に送金……。

LINE Payを使っている家族や、友達がたくさんいる方は問題ないでしょう。

しかし私のように、送金しあうような友達がいない「ぼっち」には無理なクエストです……(´;ω;`)

ちなみに、これに対して公式からわかりやすい例が発表されています。

Q:10万円以上使えば、誰にも送金しなくてもグリーンになれますか?

 

A:決済額10万円/月+月間5人以上のユーザーへ送金をしている方であればどなたでもグリーンとなります。月に10万円以上ご利用いただいても、送金人数が0人の場合、グリーンの条件にも、その下のブルー、レッドにも当てはまらないため、ホワイトになります。グリーンになるには、月間10万円以上の決済+5人以上に送金が必須となります。

 

例)
月間10万円決済し、送金人数0人の場合
⇒ホワイト
月間5万円決済し、送金人数2人の場合
⇒レッド
月間5万円決済し、送金人数4人の場合
⇒ブルー
月間0円決済し、送金人数10人の場合
⇒ホワイト
【引用元:LINE Pay公式ブログ

私は送金できる相手が夫ぐらい(1人)しかいないので、利用額を増やしたとしても結局「レッド(還元率0.8%)」のままという訳ですね……。

誰でも還元率3%や、還元率2%だった頃が懐かしいです。

楽天カードなら誰でも還元率1%!

LINE Pay マイカラー制度の基準がハッキリ判明したことで、「たくさん利用すれば、もしかしたらまた還元率2%に戻れるかも……?」という淡い期待はなくなりました。

今はLINE Payカードは全く使わなくなり、その代わりに確実にポイント還元率1%になる「楽天カード」を家計のメインカードとして使っています。


【公式サイト】年会費永年無料の楽天カード

 

乗り換える前にLINEPayにチャージした残高を使いきる!

LINEPayカードから「楽天カード」に切り替える前に、既にチャージして残っている残高を使いきらないと損ですよね。

まず、貯まっているLINEポイントを確認してください。

LINEポイントを持っている場合は、1P=1円でラインペイの残高にチャージ

これで残っていた残高に、ポイント分の残高がプラスされたことになります。

 

次に、残っているLINE Payカードの残高を買い物で使いきりましょう。残高以内で購入できる買い物は、普通のクレジットカードと同じように決済できます。ただし残高を超える金額を買おうとすると、クレジット決済ができません。買い物をする場合は、残高内に収まるように使ってください。

でもこの方法だと、きっと端数分が余ってしまうと思います。

そこでオススメなのが「Amazon(アマゾン)ギフト券(チャージタイプ)」を買う方法です。

15円以上から購入することができ、チャージしておけば次回の買い物に金券と同じように使用できます。

購入する時は支払先にLINE Payカードを選び、普通にクレジットカード払いをすればOK。1円たりとも無駄にせず、しっかりと使いきれますよ。

▼ Amazonギフト券を公式サイトで購入▼

【まとめ】送金相手がいない人にとっては改悪。還元率1%の楽天カードに乗り換えた方がお得!

今回のLINE Payカードのマイカラー制度アップグレードには、本当にがっかりしました。もうLINE Payカードを使うこともないと思います。

今後は確実に100円で1ポイントがもらえる、「楽天カード」が我が家のメインクレジットカードです(*’ω’*)♪

貯まった楽天ポイントはアプリを使えば、マクドナルド等の実店舗でも1ポイント1円で使用可能。通販だけでなく、街の中でもポイントが有効に使えるので便利です。

持っていない方は、ぜひLINE Payカードから乗り換えてみてください。

[chat face=”7097f975ddec01681384535fd432e536.png” name=”かのぽむ” align=”left” style=”type1″]ちなみに専業主婦の方や個人事業主のフリーランスでも、審査がゆるいので簡単に作れると思います[/chat]

 

【公式サイトはこちら】楽天カード

▼Tポイントをよく使う方はYahoo! JAPANカードもおすすめ▼

こちらも100円につき1ポイント貯まり、1ポイント=1円のTポイントとして街中でも自由に使えます。