【悲報】ランサーズのランキングTOP100から外れた!認定ランサーも取り消されるかも?

こんにちは、かのぽむです。

Webライターとしてお仕事を探す際に、普段はクラウドソーシング「ランサーズ」を利用しています。

2016年1月に個人事業主として開業届を出し、本格的にWebライターの仕事を開始。

育児や家事をしながらでも在宅ワークで働けるWebライターの仕事に魅了され、毎日懸命にライティングを続けてきました。

そして長い間、ランサーズのランキング「TOP100」にランクインし続けていたのです。

でも、今日久々にランサーズの自分のプロフィールを開いてみたら・・・。

TOP100のアイコンが無くなっていました。

実はその原因に心当たりがあるのです・・・。

今回はこの「TOP100から外れちゃった件」についてお話ししたいと覆います。

 

 「TOP100」のアイコンって?

上にあるのが私の ランサーズのプロフィールです(2017.6.4時点)。

今までは「認定」のマークの横に「TOP100」のマークが付いていました。

この赤いマークのことです。

ランサーズのランキングで100位以内になると表示されます。

ちなみにランキングに表示されるとこんな感じでした。

TOP100のマークが無くなったということは、

ランキングで100位以内から外れてしまったことになります。

ちょっと寂しいですね。

 

なぜランキングTOP100から外れたの?

なぜずっと入り続けていたランキングから外れてしまったのか?

それにはちゃんと心当たりがあります。

それはランサーズの利用が前よりも減ってしまったから」です。

こう書くと「え?仕事が無くなったの?」と心配されると思いますが、

それは違います

仕事は順調ですし、報酬金額も増えています。

昔との違いは、

直接契約のクライアント様が増えたこと

それしか思い当たることはありません。

いつの間にか直接契約がメインになった。

 

Webライターとして働き出した頃は、受注している仕事の100%が ランサーズを通したものでした。

しかしライターとして実績を積み、ブログやツイッターなどで活動を報告していたところ、直接契約のお問い合わせをいただくことが増えていったのです。

※ちなみに過去に ランサーズを通してお仕事をしたことがあるクライアント様と、直接契約をすることは規約で禁止されているので注意してくださいね。

私が今、直接契約を交わしている案件はランサーズを通さずにお仕事をいただいたものばかり。

今では ランサーズ を介して受注している仕事は激減してしまいました。

これではランキングから除外されてしまうのも納得ですね。
ランサーズでカウントされている売上金額はとても少ないのですから・・・。

「認定」もいつまで続くかわからない。

プロフィールに表示されている「認定」マークは、認定ランサーの証です。

※認定される条件は下記リンクをご覧ください。

認定ランサーって何ですか? | ヘルプ | クラウドソーシング「ランサーズ」

 

登録者の中でも「 獲得額が上位20%以内」でないと認定は受けられません。

獲得額が減ってしまうと認定を取り消されてしまうのです。

今はまだ認定ランサーのままですが、

このままだと近いうちに「認定取り消し」・・・なんてこともあり得るかも。

みんな卒業していくのかもしれない。

ランサーズの利用が減り、まるで「卒業」して自立するかのように、自分の力で仕事を獲得していく・・・。

多くのフリーランスの先輩方がそうであるように、

私も岐路に立たされているのかもしれません。

大変かもしれませんが、精一杯がんばります!

関連記事

関連記事

【失敗談】文字単価にこだわりすぎて道を見失った在宅ライターの話

【2017年7月の実績紹介】報酬1.5倍、執筆本数2倍にアップ!

【Googleアドセンス】1日300PVでも関連コンテンツの広告ユニットは使える...

クラウドソーシングという新しい働き方

文字単価0.2円?ライターをランク分けして報酬を決める案件に注意

はてなブログProの独自ドメインのSSL化は2018年?遅すぎない?