ミラーレス初心者向け/オリンパス OM-D E-M10 MarkIIカメラを選んだ理由

こんにちは、Webライター&羊毛フェルト作家のかのぽむ@kanopom_writing)です。

今まで羊毛フェルト作品を撮影するのにiPhone 6s Plusを使っていました。

家にあるデジカメよりもすごくキレイに撮れるので重宝していたのですが、ほかの羊毛フェルト作家さんの作品の写真を見るとやっぱり差があって・・・。

背景がいい感じにボケている、いかにもオシャレな写真。こんな写真が私も撮りたいなぁ。どうやったら撮れるんだろう?ふむふむ、一眼レフ?ミラーレス??

とりあえずなんかいいカメラを使っているのはわかりました。

あそこまでキレイな写真を撮るのはiPhone 6s Plusではやっぱり厳しそう。

ここ数日の間に確定申告用の帳簿を付けていたのですが、このままじゃ課税されるかもっていう微妙なラインになっていたので、カメラの購入を決意!

ほら、カメラは羊毛フェルト作品や取材の撮影に必要なものですから、立派な経費になりますからね(^^)。

そして急遽、カメラ探しが始まったのでした。

一眼レフとミラーレス。初心者はどっちを選ぶべき?

最初に悩んだのが「一眼レフ」と「ミラーレス」のどっちがいいかということ。

カメラの知識が全然ない初心者なので、かなり長時間Googleで調べまくりました。ググり過ぎて頭から湯気が出そう~。

ほかの方のブログをたくさん読みましたが、正直スペックとかずらーっと書かれても全然頭に入ってこなくて(^^;)。結局どれがおすすめなの?って混乱するばかりでした。

この記事ではスペックなどの情報は書かずに(公式サイト等を見ていただければわかりますし)、あくまでカメラど素人の視点で書いていきます。

専門的な知識は期待できませんので、ご了承くださいませ。

 

さてさて、話を戻します。「一眼レフ」か「ミラーレス」かという問題でしたね。

私はミラーレスを選びました。

なぜかって?

コンパクトで軽いからです。

写真コンテストとかに出品したり、写真を大きく引き伸ばすなら一眼レフじゃないとダメなのかもしれません。でも、web上で見るぐらいの画質であればミラーレスでも全然問題なさそう。たぶん、私が見ても違いはほとんどわからないと思います。

初めて本格的なカメラを購入する私は、カメラのうんちくを語られてもわかりません。

そんな私が一眼レフを使いこなせるか?と自問自答したところ、私にはオーバースペックだなと感じたのです。

あと、やっぱり重いと持ち歩くのが嫌になります。家の中で写真を撮る時も「よし!撮るぞ!」と気合をいれない限り、バッグから取り出さないでしょう。

たぶんいつも通りiPhoneで撮影して終わりになりそうで・・・それならサッと取り出せるミラーレスがいいと思ったんです。

もしミラーレスを使ってみてカメラにはまることがあれば(可能性は低いですが)、その時は一眼レフカメラへの買い替えを考えるかも?

取材には一眼レフの方がいいのかもしれない。

Twitter上でも一眼レフとミラーレスのどちらにしようか迷っていることを、フリーライター仲間に相談しました。

すると「取材には一眼レフカメラの方がいい」という意見が!

理由は一眼レフカメラで撮影した方が、クライアント様や取材先の反応がいいらしい。

おそらく「一眼レフ=きれいな写真が撮れる」というイメージがあって、なんかいかにもプロが撮影してますっていう感じで好まれるんでしょうね。

実際には素人が使う分には、たいした差はないらしいんですが・・・。

でも私は今のところ外の取材がメインではないし、重くて使いこなせずにもたもたしていたら逆に不安を与えてしまうと思い、ミラーレスに決定。

でもやっぱり見た目が気になる、プロっぽい箔を付けたいと言う方は、一眼レフにした方がいいのかもしれません。

「大は小を兼ねる」というか、いいカメラを選んでおけば後悔はしないと思います。たぶん。

ミラーレス一眼カメラのメーカーってどこがいいの?

これも人によって様々な意見があって、聞けば聞くほどわからなくなりました。

「カメラといえばやっぱりニコン!」

「色がキレイなのはキャノン!」

とか、みんなこだわりが強い。おすすめの理由も様々。

私みたいに好きなカメラメーカーが決まっていない人にとっては、全然イメージがわきませんでした。

こればっかりは自分で使ってみて、実際に感じてみないと答えはでないと思います。好みの問題もありますからね。

でも最近のミラーレスカメラは優秀なので、どのメーカーを選んでも満足できるのではないでしょうか。

型落ちモデルでも初心者には十分すぎる

カタログを見てみると、なんとなく1番新しい最新モデルがいいなって思いますよね。お金があったらどうぞ最新モデルを買ってください。

でも私はお金がないので、型落ちモデルの中から選ぶことにしました。

自分なりに調べてみた所、最新モデルは型落ち品よりは色々な機能がついているものの、劇的な変化はないらしい。4K画質とかにこだわらないなら、型落ち品でも十分きれいに撮れます。

それに、前モデルの方がアクセサリーなどの周辺機器やグッズなどのアイテムが出揃っているので色々選べる楽しさがありますよ!

ミラーレスで安いのはこの2機種!

「軽い」そして「安い」。

この条件で探してみたところ、2つのミラーレス一眼カメラに絞り込むことができました。

1つ目は「Panasonic ミラーレス一眼カメラ DMC-GF7ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ/望遠ズームレンズ付属 ブラウン DMC-GF7W-T」です。

今在庫があるのはブラウンとブラック。

5万円台でミラーレス一眼カメラが買えるならお得だと思います。評判もなかなかいい。

デザインもかわいいですよね!これを持ってたらカメラ女子って感じ。インスタ映えしそう。

 

2つめは「OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII EZダブルズームキット シルバー」です。

ブラックとシルバーがあります。

まるで昔のカメラのようなレトロなデザイン。
Panasonic(パナソニック)と比べるとややごつごつした無骨な感じに見えるかも?

この2つのどっちにするべきか・・・。うーむ。

他のブログを見ても、「Panasonic  DMC-GF7」と「OLYMPUS  OM-D E-M10 MarkII 」のどっちがいいのか比較検討してる人が多かったです。

店頭に行ってみたけれど・・・置いてない!

フリーライター仲間から「実機を触ったほうがいい」とアドバイスを受け、近くの家電量販店へ。

売り場を見て回りましたが、お目当ての機種が見つからない(汗)。

うろうろと往復していたらスタッフの人に声を掛けられたので、この2つのカメラを見たいと伝えました。

すると「その2機種はもう古い型なので、店頭に在庫はないです。新しいモデルならご案内できますよ」とのこと。

新しい機種って高いやつやん・・・。

それにamazonとかなら、まだ普通に在庫ありで売ってたしなぁ。

スタッフの人は「買うなら最新機種!」とゴリ押しするので、もう「予算がありませんので」と断って家に帰りました。

こんな風に生産終了している型落ち品の場合、店頭に陳列されていない場合があります。どうしても実機を試さないと購入したくない人は最新モデルの方がいいかも・・・。

仕方ない。こうなったら通販で買おう。

決めたのはオリンパスの「OM-D E-M10 MarkII」

最初はデザインで「Panasonic ミラーレス一眼カメラ DMC-GF7ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ/望遠ズームレンズ付属 ブラウン DMC-GF7W-T」にしようと思っていました。

お値段も安いですし、これなら心置きなく持ち歩けそう。

 

でも調べに調べまくって、最終的に選んだのは「OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII EZダブルズームキット シルバー」です。

このカメラに決めた理由はこちらのカメラの方が手振れに強かったから。VCM式ボディ内5軸手ぶれ補正機構というのが付いているらしいですよ!

あとなんとなくこっちの方のデザインが、一眼レフ風の高級感のあるデザインに見えたんです。

おすすめ機種はOLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII EZダブルズームキット シルバーで決まりですね。

一緒に注文したアクセサリーはこれ!

カメラ本体はamazonで購入することにしました。

価格.comとかで調べるとほかにも安いお店はありましたが、よくわからないお店だったので安心感でamazonの方を選択。

万が一の返品などもスムーズに対応してもらえますからね!

 

同時にアクセサリー関連もかなり時間をかけて調べました。

これからご紹介するのは私が実際に購入したアイテムの一覧です。

ほかのアイテムと徹底的に比較して、選び抜いたものだけをご紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです(*^^*)。

他サイトで色々と調べて回る手間が省けるはず♪

カメラ・ビデオカメラ 3年 事故保証プラン

ちなみにamazonで購入する時は、3年間の保証を付けました。

落下・水没等にも対応してもらえます。

カメラ本体をカートに入れる時に、一緒に選択してください。

液晶保護フィルム

背面の液晶には最初に保護フィルムを貼っておかねばと思い、同時に注文。

保護フィルムって値段がピンキリなんですけど、とりあえずお手頃価格で評判のいいものを選びました。

シートは傷ついたら貼りかえるものなので、消耗品と割り切って安いやつでいいと思います。

SDHCカード(32GB)

撮影をするためには、データを保存するためのSDカードが必要。

種類が色々とありますが、処理能力が速いSDHCカードの中から32GBを選びました。

これだけあれば普段使いには支障がないはず。

心配なら予備のSDHCカードも準備しておくといいかもしれませんね。

自動開閉式レンズキャップ

標準で付いているキャップは、撮影の度に取り外していると落としそう・・・というか絶対なくす自信があります。

それにすぐに使いたい時に、いちいち取り外すのは面倒な気がして・・・。

既にこのカメラを使っている人のレビュー記事を読んでいて、この自動開閉式のレンズキャップがいいなぁと思って注文しました。

カメラのオン・オフに合わせて、自動で開閉する優れもの!

もう通常のキャップは必要ありません。

まるでコンデジみたいにすぐに使えるなんて便利ですよね。

ちょっと高かったけれど、快適に使うための投資だと思うことにします。

使い方をわかりやすく解説したガイド本

ミラーレスと言えども、私にとっては初めての本格的なカメラ。

ダイヤルが色々付いていても、どう使いこなせばいいのか全くわかりませんでした。

そこで勉強のために購入したのがこちら↓

初心者にもわかりやすく解説されていたので、本当に助かりました。

このカメラ専用の本なので、無駄なページがないのも高評価です。

必要なものは少しずつ揃えていこう!

ほかにもカメラバッグやネックストラップなど欲しいものがいっぱい。

とてもじゃないですが、一度に全部を選ぶことはできませんでした。

今回は必要なものを厳選して注文し、カメラバッグなどは後日また購入します。

商品が届いたら、またレビュー記事を書きますね(^^)。