【使用2日目に故障】iPad Proの画面が真っ暗!初期不良品

こんにちは、フリーライター&羊毛フェルト作家のかのぽむ(@kanopom_writingです。

1月2日の初売りで念願のiPadProを購入しましたが、なんと使用開始から2日後に故障してしまいました。

すごくショックです・・・。

今回は故障の症状からAppleサポートの対応まで、ありのままに書き残しておこうと思います。

iPad Proの画面が真っ暗に・・・。

1月2日の初売りでiPadProを購入。

↓購入した時の記事はこちら。

【2018年Appleストア初売り】iPadPro購入で12,000円のギフトカードがもらえる! | かのぽむーる

ギフトカード(12,000円分)がプレゼントされるということで、喜んで購入しました。
注文から2日後には家に到着。ただ、お正月でドタバタと忙しかったこともありなかなか開封できずにいました。

やっと開封できたのは1月8日。
画面の指示に従って、何の問題もなく初期設定が終わりました。

1月9日。
なぜか突然画面が真っ黒な状態になり、私はパニック状態に。
Googleで検索して調べてみたら、「ボイスオーバー(VoiceOver)」機能がONになっている可能性があるということで、画面を何度かタップしていたら画面がつきました。

でも、そんな機能をONにした覚えもないし変だなぁ~とは思っていたんです。

 

そして運命の1月10日。

いつも通り電源を入れて起動し、Appleのリンゴマークが表示されます。

そのリンゴマークの下あたりに、なぜか謎の線がピーっと1本入っていました。

「ん?なんだこの線?」と思った矢先、突如画面がブラックアウト

画面をタップしてもホームボタンを押しても画面がつきません。勝手にシャットダウンして電源が落ちたのかと思いましたが、音声は聞こえる状態。

ホームボタンを押すと「ピコッ!」と音がします。

画面をタップすると「ポン!」と太鼓のような音が聞こえたり、「ボワワーン」と変な音が聞こえたり(汗)。

3本指タップとか、2本指タップとかも試してみました。

 

すると女性のぎこちないカタコトの声で、

「読み上げオフ」

「読み上げオン」

「やりなおす」

「ボイスオーバーオン」

「ボイスオーバーオフ」

「スクリーンカーテンオン」

「スクリーンカーテンオフ」

こんな風にしゃべり続けるだけで、画面は一向に表示されず真っ暗なままです。

 

ちなみに画面の向きを変えると「横向き」「縦向き」と話し、真ん中あたりをタップすると「サムネイルの幅」とか訳のわからないことをしゃべります。

イライラして画面を連続タップすると「ポン!ポン!ポン!!」とまるでタンバリンや鼓を叩いているような状態に(涙)。

「パスコードフィールド 6文字」とか言われるけど画面が暗くて入力できない。

一体どうすればいいの!?

 

対処法を色々と試してみた。

iPad Proは数万円する高価な買い物。

なんとか復活させたくて、iPad Proの復元方法をインターネットで調べて色々試してみました。

電源ボタンを押して再起動してみる

電源ボタンを長押しして一旦電源を落とし、再起動できるかやってみました。

しかし、画面が一切表示されないまま真っ暗なのでうまくいかず・・・。

そもそも白いApple画面が表示されません。

でも音だけは聞こえるので、電源は生きているようです。

Appleのサポートにチャットで問い合わせてみた

インターネットで調べた情報では、再起動したり3本指タップでボイスオーバーをOFFにしたりすれば解決できるはずでした。でも、今回の場合はどれも効果なし。

ネットで検索して調べるのに疲れたので、Appleのサポートに問い合わせてみました。するとチャットの待ち時間がなかったので、チャットで質問してみることに・・・。

「リセット」を勧められる

Appleのサポートの人からまず勧められたのが、リセットでした。

電源ボタンとホームボタンを10~20秒ぐらい長く押すと、強制的に電源が切れ、再起動できるそうです。

早速やってみましたが、なんとなくブツッと画面が切れたような感じはするものの、画面は真っ暗なまま。起動時のAppleの白い画面は表示されません。

何度もやっていると、うっすらと画面の上部に白い線が見えました。すぐに消えちゃいましたけど・・・。

そのことをサポートの人に伝えると、「おそらく画面の故障でしょう」と特定。即座に代替え品の発送を提案されました。

でもこの場ではすぐに交換手続きはできないということで、「後でもっと詳しいサポートの者から電話します」と言われてチャットが終了。

 

ちょっとえらい人から電話が来た

数分後、早速Appleのサポートから電話がかかってきました。

最初に対応したコールセンターの人は「故障」と断定したが、もしかしたらソフトのエラーが起きているだけかもしれないということで、別の復元方法を試してみることに。

iTunesに繋いでみた

充電時に使うケーブルを使って、自分のパソコンとiPadProを繋ぎ、iTunesを開きました。軽い症状だと、繋ぐだけで元に戻ることがあるそうです。

※私のPCはMacではなくWindowsですが、何の問題なくiTunesは使えます。

しかし、私の場合はiPad Proに何か問題が起こっているようでした。

もう一度、電源ボタン+ホームボタンを長押ししてリセットするように言われましたが、やっぱり何も起きません。

iPad Proを復元(初期化)してみる

仕方が無いので「復元」ボタンをクリックして、復元開始。iPadリカバリモードとも言うらしい。

復元というのは、iPadProのソフトを工場出荷の状態に戻す初期化とほぼ同じだそうです。液晶画面の故障ではなく、ソフトウェアのエラーであればこれで解決できるとのこと。

ただし本体内に保存したデータは消えてしまいます

まだ使用開始から2日目だったので、幸い重要なデータは保存していなかったのでよかったです。

しかし、このiPadソフトウェア更新プログラムのダウンロードがとにかく長いっ!!

最初40分で終了予定と表示されていたのに、結局1時間17分かかりました。

でも・・・これで直ればそれでいい。

長かったダウンロードが修了後、画面に表示されたのは・・・。

結局エラー!!復元(初期化)もできず!!

「このiPadに接続できませんでした。不明なエラーが発生しました(0xE8000015)。」

はぁ~。夕方にコールセンターとチャットを始めてから数時間が経過し、すっかり夜になっても何も解決できませんでした。

この復元作業で復活しないのであれば、もうお手上げ。ここまでやって、ようやく「初期不良品」であることを認めてもらえました。

そりゃそうです。使用開始2日目でコレですからね・・・。

 

Appleの初期不良品対応の流れ

翌日の午後、昨日と同じ担当者から今後の対応について再度電話がありました。

もう一度、症状の再確認

「今もまだ使えないか?リセットしても効果はないか?」と聞かれ、何も変わらず画面は真っ暗なまま、女性の声や音だけが聞こえることを説明。

Appleストアに直接行けるかどうか聞かれる

最寄りのAppleストアに行けるかどうか聞かれましたが、どこも家からは遠く、行くのは難しいと答えました。

ピックアップ&デリバリー修理で交換

私は購入時にAppleCare+ for iPad(アップルケアプラス)に加入していたため、ピックアップ&デリバリー修理で代替え品と交換してもらうことに!

今回交換してもらえるのはiPadPro本体のみ。購入から間もないということで、全額Apple負担の無償修理になりました。(初期不良ですからね)

ちなみにサポートの人に聞きましたが、交換品は整備済み品(レストア品)ではないそうです。ちゃんと新品をお送りしますと言われました。・・・本当かな?

クレジットカードで一旦請求がかかる?

ピックアップ&デリバリー修理をお願いするためには、一旦クレジットカードで「iPad Pro 1台分」の値段を請求されます。・・・というか実際には与信枠を押さえられるだけ。

返送品が無事にアップルの整備工場に着き、本当に初期不良品であることが確認されれば、請求は取り消されます。ちゃんと返却してもらうための人質のような感じですね。

しかし、それまでは与信枠を93,744円(iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 256GBの場合)使えなくなってしまうので、他に買い物の予定がある方はカードの利用可能金額が減ることをきちんと考えておいた方がよさそうです。

カードの決済が無事に修了すれば、あとは届くのを待つのみ。

 

二日後には交換品が到着

交換手続きを行った二日後には、新しいiPadProが届きました。

クロネコヤマトのドライバーさんから「今すぐこの箱から新品を取り出し、壊れている方を詰め直してください」と言われ、大急ぎで梱包。

コールセンターの話では「iPad Proは裸のままドライバーに渡してもらえれば、あとはドライバーが梱包するので大丈夫です」と言われていたので、ちょっと混乱しました。

↓箱を見ると確かに書いてある・・・。

ドライバーさんが玄関で待っているので焦りつつも、なんとか入れ替えて持って行ってもらいました。

送料はApple負担なので、渡すだけでOK。

代替え品の新品はシンプルな白い箱に入っていました。

試しに電源ボタンを押したらすぐに画面が点灯!

白い画面にりんごマーク。あぁ、なんて懐かしい(涙)。このマークをどれだけ見たかったことか・・・。

 

画面保護フィルム代などの損失もあった。

本体は新品に交換してもらえましたが、既に画面に貼っていた保護フィルム代は保証対象外ということで弁償してもらえませんでした。

ぶっちゃけ1800円ぐらいの画面保護シートだったので、ショックです・・・。

後日改めて、iPadProと一緒に購入したアクセサリーのレビュー記事も書きますね。

 

Appleのサポートに大満足

今回Appleのサポートさんにかなり長時間対応してもらいましたが、とても丁寧でありがたかったです。

サポートさんの話では初期不良に当たる確率は宝くじと同じぐらいと言われました。

とほほ~。

私と同じように、画面が真っ暗になって音声しか聞こえないなどの不具合があった場合は、Appleのサポートに相談してみてくださいね!

あと、アップルケア+には入っておいた方がいいですよ~!!

今回みたいに在宅で修理対応してもらえるのは、非常に便利。田舎の人にとっては加入必須ではないでしょうか?

画面の破損は保護フィルムやケースで守ることができますが、中のシステムは守りようがありません。

いやはや、今回のことはなんとも貴重な体験でした。

追記:Apple整備工場の診断結果

送料着払いで返送してから数日後。今回の件をすべて担当してくれている、Appleカスタマーサポートの方から電話がありました。

工場に無事にiPadProが届き、早速検査が行われたそうです。

その結果「ディスプレイへと出力する、内部のセンサーが故障していた」とのこと。例え落としたとしても簡単に壊れる場所ではなく、あきらかに初期不良ということでした。

「もし初期不良と認めてもらえなくて、修理代金を請求されたらどうしよう」と心配していたので、ほっと一安心。

クレジットカードの与信枠もそのうち元に戻るそうです。よかった、よかった。