【オーダーメイドのご注文を受付中】
羊毛フェルト人形の作品例はこちら

ヒルナンデス!「nutte」特集を見て感じたハンドメイド作家の感想。オーダーメイドの料金・価格崩壊について思うこと

2019年2月13日(水)。

日本テレビ「ヒルナンデス!」の放送で、洋服のオーダーメイドサイト「nutte(ヌッテ)」が紹介されていました。

興味を持った私はワクワクしながらオンエアを待っていましたが……紹介された内容に愕然。

同じハンドメイド作家として、すごく悲しい気持ちになってしまいました。

その思いをありのままにTwitterでつぶやいたところ、たくさんの反響がありましたので、ブログにまとめておきたいと思います。

 

ハンドメイドに対しての理解が足りない「ヒルナンデス!」

以前から「ハンドメイド」の特集をしては、炎上している「ヒルナンデス!」ですが、今回も大荒れの結果になってしまいました。

「ヒルナンデス!」がなぜ問題になるかというと、ハンドメイド=安いという誤った価値観を世間にひろげてしまっているからです。

「nutte(ヌッテ)」を紹介した今回の放送でも、やっぱり値段(安さ)をメインにして話が展開していきました。

オーダーメイドのエプロンが、わずか8,000円で買えると言う事実。

材料費・制作にかかる日数・そして高い技術力。

それに対する報酬としては、あまりに安すぎると思いませんか?

 

しかも「ヒルナンデス!」の紹介の仕方は、「市販品だと●万円するのに、オーダーメイドならこんなにいいものが安く手に入る」というもの。

オーダーメイドは安く買える手段?

いやいや、それは違うよね(;’∀’)?

 

放送を見た人が「新人職人」として登録することについて

「ヒルナンデス!」がハンドメイドの特集をするのは、主婦層に受けがいいからだと思う。

特に今回は「洋裁ができる人なら、こんな稼ぎ方があるよ」と提案したのと同じ。

 

私もミシンを持ってるし、洋服を作れるからやってみようかな?

そんな風に思った人は、「nutte(ヌッテ)」に新規登録するはず。

 

これまで知る人ぞ知る良質なサイトだった「nutte(ヌッテ)」は、今回の件で良くも悪くも知名度がアップしました。

恐らく会員数も一気に増えたことでしょう。

でも、職人として登録する人が増えるということは、案件の取り合いが始まるのは避けられません。

もちろん、チャレンジしたい人が職人として働き始めるのは悪いことではないです。

私が心配しているのは「価格崩壊が起きるのではないか?」ということ。

 

職人としての経験が浅い人や、フリマなどのイベントで安い価格でしか作品を販売したことがない人は、自分の技術力を過小評価している人が本当に多い。

だからいい作品も安い価格で販売してしまう……。

 

材料費があまりかかっていないから安くする……?

空いた時間を使って作ったものだから安くする……?

そもそも時間がかかっていないから、安くする……?

 

それは違う。

あなたの作品は、世界に1つだけのもの。

安売りする理由なんてない。

本来は材料費や時給で換算すること自体、おかしな話なんです。

 

ヒルナンデス!の放送は、nutte(ヌッテ)にとって良かったのか?悪かったのか?

企業である以上、運営元のnutte(ヌッテ)は全国放送&知名度の高い「ヒルナンデス!」に紹介されるなんて、嬉しくてたまらなかったことでしょう。

知名度も上がり、登録者数も増えたはず。

これは間違いなくnutteにとっては良かったと思います。

 

でも紹介のされ方がまずかった

オーダーメイドの価値が崩れてしまったように感じたのです。

 

「nutteは思い通りの服を、市販品よりも安く作ってもらえるサイト」

「企業に衣装を頼むより、nutteの職人に頼んだ方が安い」

↑そんなイメージが根付いてしまった。

 

これはnutteに登録している職人にとっては、大誤算だったのではないでしょうか?

 

登録者数が増えれば仕事が増えて儲かる?いいえ、そうとは限らない

でもnutteの知名度が上がってお客さんが増えれば、職人も儲かるようになるんじゃない?

そうですね、確かにこれまで以上にお客さんは増えると思います。

でも今までの客層とは違う人たちも集まります。

 

これまでnutteに集まっていた依頼主は、オーダーメイドの価値に対して理解があり、職人へのリスペクトもある人が多い印象。

一般的にはまだあまり知られていないサイトだったからこそ、きちんとハンドメイドに対する愛がある人が集まっていました。

今までのユーザー層

  • 職人=きちんと洋裁・和裁などの技術がある人
  • 依頼主=オーダーメイドの価値を理解している人

 

しかし、ヒルナンデス!を見て集まった層の中には「とにかく安く!でも品質は優れたものを!」と無茶をいう人も一定数いると思うのです。※個人的見解

テレビで安さを強調していた分、正規の値段を提示しても「えー!なんでそんなに高いの?テレビでは●●円で作ってくれてたのに~」と言われかねません。

安さを求める人は、なぜか品質に対する要望&修正回数も多く、トラブルも多いです(私の経験では)。

 

そこにさらに新人職人が増えることで、トラブルの数ももっと増えそう……。

新規ユーザーの中にはこんな人がいるかも?

  • 職人=洋裁・和裁でとりあえず稼いでみたい人(未経験or経験が少ない)
  • 依頼主=とにかく安く買いたい。オーダーメイドの大変さをよく知らない

 

本来は「オーダーメイド=高価なもの」なんです。

 

依頼主とメールでやりとりする時間もかかります。

最適な材料を探し、デザインを考えます。

たくさんの時間をかけて丁寧に作品を制作します。

お客様のために、無茶な要望にもできるだけ真摯に対応します。

 

↑これだけの工程がかかるのに、安さを求めること自体おかしい話なんです……。

 

価格崩壊の原因は売り手にもある。新人作家がやりがちなこと

近年ハンドメイド界隈では価格崩壊(報酬が安すぎる)が問題になっています。

しかしそれは、安さを求めるお客さんにだけ原因がある訳ではありません。

安く売ってしまう職人(ハンドメイド作家)にも原因があります。

 

一番多いのは「経験が浅いから……」というもの。

 

素人が制作したものなので、ノークレーム・ノーリターンでお願いします

↑こんな風に注意書きを書いている人をよく見かけます。

 

素人だから。

新人だから。

実績がまだないから、とにかく売れて欲しい。

↑「私は素人なの」という人が、クオリティの高い作品を安く販売してしまうのです。

 

作品を販売している以上、全員がプロです。もっと自信を持って販売しましょう。

 

二番目に多いのが「お金が目的ではない」という人たち。

 

私の作品で喜んでいてくれる人がいればそれでいい。お金が目的ではないの♡(キラキラ)

このパターンが本当に多いです。

高品質な作品を、数百円~数千円で販売している人もたくさんいます。

もちろん、それも1つの販売スタイルだとは思いますが(;’∀’)。

ハンドメイド業界の相場を下げている原因になっていることに、気づいて欲しい……。

 

相応の対価を求めることは悪いことなのか?安売り合戦の末路

こうなってくると、正規の高い金額を掲示していては仕事がもらえなくなります。

逆に高くしていると「あの人はお金儲け主義だ」と悪いイメージを持たれることも……。

 

 

お値段は安くでいいんです!だってそれが私のやりがいですから♡作れるだけで幸せ♡うふふ♡

↑お客さんに好かれるのは、このパターンの作家さんです。

 

お客さんが安さを求めているのであれば、本当は正規の料金をもらいたくても高くできない。

こちらが安くすれば、ほかの作家さんも値引きする。

そしてさらに安くする……。

この繰り返しで、ハンドメイド界隈は価格崩壊に陥っていきます。

 

 

こんなことを書くと、必ず反対意見も飛んできます。

安く売りたくないなら、別に値引きせずにそのままで売れば?作品に魅力があるなら、高くても買いたい人はいるでしょ。売れないのは自分の作品に魅力がないからじゃん

はい、ごもっともです。正論ですね。

 

私が気になるのは、本来もっと評価されるべき人が、安く作品を販売してしまっている現状です。

 

みんなもっと自分の作品に自信を持ってほしい。

周りの目を気にせず「この金額分は必ず欲しい」という報酬をきちんと掲示してほしい。

 

価格設定は確かに難しいです。

値段を付けるのが苦手という、ハンドメイド作家さんも少なくありません。

 

でも、材料費や時給換算だけでは到底足りない。

あなたがこれまでに培ってきた技術、デザインのセンス。

すべてに尊い価値がある。

 

「お金はあまり払わないけど、私の要望はちゃんと全部叶えてね」

↑そう言われて誰が頑張れるでしょうか?

 

値切るという行為は、作品の価値を「その程度にしか思っていませんよ」と言っているのと同じです。

作家や職人を傷つけ、負担をかけていることに気づいていますか?

 

できればお客様は、作家や職人に対して十分な対価を払って欲しい。

作家や職人はいただいた報酬で、さらによりよい作品を作り、またお客様に還元できます。

 

安さを求めることは、結果的に職人を追い詰め、良質な作品がこの世から消えていくんです。

オーダーメイドの受付をやめてしまう作家さんも増えています……。

 

この問題はイラストやプログラミング・Web系など、クリエイティブなお仕事全般に通じる話だと思います。

かのぽむ

ハンドメイド業界に関わらず、何もかもが無料・格安で手に入る世の中ですが、もう一度立ち止まってよく考えてみて欲しいですね

関連記事

この記事を書いた後、ヒルナンデス!のハンドメイド特集が毎回炎上する理由を真面目に考えてみました。

【ハンドメイド作家が考察】ヒルナンデス!のハンドメイド特集はなぜ毎回炎上するのか【原因と解決策】

みなさんから寄せられたご意見

Twitterで多くの反響をいただき、ありがとうございます。

寄せられたご意見の中から、いくつか抜粋してご紹介します。