主婦かのぽむのWebライター挑戦記

長崎県在住のフリーライター&羊毛フェルト作家「かのぽむ」のブログ。ライターのお仕事の話題や、ハンドメイドの羊毛フェルト作品などをご紹介します。

【映画:超スーパーヒーロー大戦】を観てきたよ!感想・レビュー

f:id:kanopom:20170326230954j:plain

こんにちは、かのぽむです。

今日は、家族みんなで映画館へ行ってきました!

 

観に行ったのは、

3月25日(土)から公開されたばかりの「超スーパーヒーロー大戦」です。

仮面ライダー×スーパー戦隊ということで、登場キャラクターの数がすごいことに(笑)。

 

早速、レビューを書きたいと思います!

ネタバレな部分もあるので、気になる方はご注意ください。

 すごい人気!?渋滞でなかなか映画館へ入れない。

f:id:kanopom:20170326231436j:plain

<画像提供:ぱくたそ

今日は3月26日(日)。

目指すはTOHOシネマズ長崎がある、ココウォーク

 

日曜日&春休み&映画公開からまだ2日目ということで、

「きっと混んでいるだろうなぁ~」とは思いつつも、

車で1時間前に着くように出発しました。

 

映画は14:45から開演予定。

ココウォークの前には13:45には着きましたが、

駐車場には「満」の文字がっ!!

 

ウインカーを出して駐車場へと進む列に並びますが、

一向に進む気配はありません。

入場ゲートもくぐれず、焦りだけが募っていきます。

 

そして、そのまま20分経過・・・。

 

ようやく駐車場へ車を止められたのが14:10。

ココウォークに駐車するのにこんなに時間がかかったのは初めてです。

 

今食べなきゃダメ!?ポテトは魔性の食べ物。

f:id:kanopom:20170326232916j:plain

<画像提供:写真AC

 

早速映画館のある6Fへと行こうとすると、

子どもたちがマクドナルドの袋を下げている人を見て、

「ポテト!」と騒ぎ出しました。

 

ココウォーク内にはマクドナルドがあります。

毎回そこでポテトを食べているので、それを思い出したらしく・・・。

「映画を観た後にね!」と言っても、

「いやだー!ポテトポテトポテトポテトポテトーーーーーー!」と涙ぐむ始末。

 

仕方ないので、マクドナルドに大急ぎで行ってみると、そこも行列。

なんとかポテトを買った時には14:25。

フードコート内で、ひたすら子どもの口にポテトを入れて食べさせます。

映画館内には持ち込めないので、急がなくてはなりません!

 

やっと食べ終えたのが14:35。

そしてまた、大急ぎでTOHOシネマズ長崎へとダッシュ!

 

入場口に着いた時には14:40。

子どものトイレを済ませ、

スクリーンのある席へ着席できたのは14:45ジャストでした・・・。

(ふぅー、焦った!)

 

映画の感想・レビュー

f:id:kanopom:20170326234147j:plain

仮面ライダーにもスーパー戦隊にも詳しくない私ですが、

突っ込みどころ満載で、楽しく観させていただきました(^^)

 

冒頭の舞台は韓国・ソウルからスタート。

(韓国である必要があったのか?理由は不明)

急にゲームの「ゼビウス」の世界から現れた艦隊に襲われる人々。

一体なぜこんなことに・・・!?

 

お約束通り、突然やってきた敵の襲撃からスタート。

ネタバレありで感想を書きます。

 

ジューランドが壊滅したって・・・??

ジュウオウジャーのジュウオウタイガーであるアムちゃんが登場。

ゼビウスのゲームの艦隊に、ジューランドが壊滅されたと話します。

 

でも、ジュウオウジャーの最終回で、ジューランドは地球と融合したはず。

ヤマトたちが住んでいたのはあきらかに日本だったし、

それなら日本も壊滅しているのでは?

 

キューレンジャーはなぜポッピーピポパポを疑ったの?

仮面ライダーエグゼイドたちと会った時、

「ポッピーを渡せ!」と詰め寄ってきたキューレンジャーたち。

その理由は、

「ゲームと現実の世界を行き来できる存在だから。

今回のゼビウスの艦隊を呼び寄せたのもポッピーなのでは?」というもの。

 

なぜキューレンジャーはポッピーのその能力を知っていたの?

というか、どうやってここにいるのを突き止めたの?

私が見落としたのかもしれませんが、その理由が全然わからなかった・・・。

 

ゲームの世界の飛彩さん登場、なぜあっさりと受け入れた?

今回、仮面ライダーブレイブの鏡飛彩さんと全く同じ姿をした、

ゲームの世界の飛彩さんが登場しました。

 

初対面の時に、「ゲームの世界の俺か」的に、

あっさり飛彩さんは受け入れていましたが、普通もっと驚きませんか!?

(ドッペルゲンガー見ても驚かないのかな・・・)

 

あれって天才少年・エイトくんが作ったんですよね?

エイト君は飛彩さんが仮面ライダーブレイブって知っていたの?

 

九条貴利矢さんが久々に登場!みんなもっと喜ぼうよ(涙)

突然復活した仮面ライダーレーザーこと、貴利矢さん。

本編では死んだことになっていますが、

もう登場しないのかな・・・。

好きなキャラだったので今回観れて嬉しかった・・・!

 

 でも、仲間の仮面ライダーたちが再会した時のアッサリな対応が(涙)。

普通死んだと思っていた人が出てきたら、もっと驚きませんか?

まぁ、実際には今回の「超スーパーヒーロー大戦」のゲーム内のキャラだったので、

本人では無かったわけですが・・・。

それでも、もう少し「生きていたんですか!?」みたいなリアクションが欲しかった。

 

 キャラが多すぎて、トーナメント戦のやっつけ感がすごい。

 仮面ライダーとスーパー戦隊の歴代キャラクターを全部出すのは本当に大変!

登場シーンを増やすためなのか、トーナメント戦が行われますがみんなほんの少しずつしか登場しない(涙)。

歴代のキャラを知り尽くしている大きなお友達(=大人)は、きっと喜んでいたと思う。

でも、小さな子どもには何が何やらわからなかっただろうな。

知らないキャラが戦闘している最中は、下の娘が「帰る」とぐずりだして大変でした。

 

飛彩さんはプログラミングもできるの!?

今回の舞台となるゲーム「超スーパーヒーロー大戦」を作ったエイト君を救うため、

エイト君のパソコンを使ってプログラミングを始める飛彩さん。

 

そして、あっさりゲームの世界へ潜入成功!

すごい・・・すごすぎるよ!

お医者さんなのに、天才プログラマーと同等のプログラミングができるんだね!

 飛彩さんすごすぎるっス。

 

まとめ

 キャラクターが多すぎると、話の収集がつかなくなりますね。

設定もかなり無理やりな所があって、つっこみどころ満載(笑)。

 

考えたら負けです!無心になって楽しみましょう!

 

ほぼ戦闘シーンだったので、ストーリー重視の感じではありませんでした。

息子は食い入るように観ていたので、男の子にとってはやっぱり楽しいんでしょうね。 

 逆に娘はあまり良い反応がありませんでした(^^;)

 

どっちかというと、小さい子どもたちのための映画というより、

これまでの仮面ライダー×スーパー戦隊が好きなパパたちのための映画かもしれません。

 

帰りは、パンフレット(DVD付)を1550円で購入。

た・・・高い( ;∀;)